忍者ブログ
うすいビールを飲み干して鳥たちはまた飛んだ
[26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




スパルヴィエロは、何も特別ではありません。
これを読むあなたときっと同じです。
ただ、あなたの居るお部屋の、緯度と経度によっては鉄砲なんて持っていようものなら、
怒られてしまうか、捕まってしまうでしょう。
スパルヴィエロがいま、お腹を掻きながら昼寝をしている原っぱは、
たまたまそういう緯度と経度ではなかったのです。






「スパちゃん、これなあに?」


小さなポフポコの小さな手には、大きすぎる鉄の塊。
持ち主もこの旅路では2番目に小さなスパルヴィエロだから、大きな事には変わりありません。
それにしてもスパルヴィエロは、いつも何処からともなく持ち物を取り出します。いったい何処に隠しているのでしょう。

「そいは、てっぽー」
「てっぽー?」
「そ、てっぽー」
「なんだか、鳩ぽっぽーみたいね!」
「ま、そがんようなもんっちゃ」

だらしなくって“なまり”の強いスパルヴィエロの言葉だから、
ポフポコもなんだか意味を取り違えてしまっているようです。
鍛冶の腕に覚えのあるドワーフの里になら、ちらほら見かける事もあるかもしれない、それ。

けれど、すこうし形が変です。
筒から弾丸が飛び出す仕組みは同じなのでしょうけれど、なんだか、なんというべきか、
複雑なつくりの金管楽器のような、そんな見た目でした。

「“こねこね”おわったんか?ごくろーさん」
「うん!…えっと、えっと。これもこねこね、するんだった?」

寝っ転がっていたスパルヴィエロの、放り出した荷物の中。
ポフポコのその血族たる技術に頼って、お願いした合成の出来は流石のもの。
先日渡した二つをただ溶かして合わせるなんかよりも、ずうっと上等なボウガンに見えました。

覗き込むポフポコからボウガンを受け取って、
指さされたのは鉄の塊。


「あー」


ボウガンを素肌のお腹の上に抱えて、スパルヴィエロは、へんな声をひとつ。
寝転がったまま空をぼうっと見つめて、寝惚けてでもいるのでしょうか。

ポフポコがちょこっと首を傾げてから、4拍くらいでスパルヴィエロも身を起こしました。

「ほうじゃのお。そのうち、たのむわ」

材料も揃ってきました。そろそろ自分でも、同じような鉄の塊を作る事が出来る頃です。
もう一丁、もう少しそれらしい物が出来上がったら。
そうしたらもっと上等なものに変えてもらおう。


「いいの?」


スパルヴィエロったら、変な顔。

口を目一杯ひん曲げて、眉の間にはすじを入れて、
でも怒っている風ではなくて、けれど幸せそうでもなくて、



「おう、
よか」




どこか寝違えでもしたのでしょうか。




ブラッシング・ウルフの午睡




PR
この記事へのトラックバック
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
RSS
アクセス解析
Powered by Ninja Blog Photo by COQU118 Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]