忍者ブログ
うすいビールを飲み干して鳥たちはまた飛んだ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




「俺がいつお前の為を思って動いたっつうんだ」



PR




「なに、結局どうしたって生きているのだから、死ぬのさ、小さな子供だって知っている」








「お目が高い」



 広げられた荷物の中から細身の瓶を拾い上げて、まじまじ見ていたスパルヴィエロです。
 声を掛けられたのが自分だと気がつくまでに、ほんの少々時間がありました。






 肺の底まで蜂蜜で満たされたような、甘ったるい香りでした。
 スパルヴィエロが椅子によじ登って窓の外に目をやれば、
 淡い色の蝶々が陽だまりを通り過ぎていく、そんな季節でした。



カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
RSS
アクセス解析
Powered by Ninja Blog Photo by COQU118 Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]